長野市、税理士、会計事務所、経営計画、起業

長野市、会計事務所
長野市、税理士
長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、会計事務所 長野市、税理士

HOME  >>  税務関連情報

長野市、税理士

資産除去債務会計基準と税務

[ 2008年10月28日 10:12 ]

平成22年4月1日以後開始事業年度より「資産除去債務に関する会計基準」が適用されます。

これは、有形固定資産を除去する際に不可避的に発生する支出で、その除去が法令や契約によって義務付けられているもの(巷でよくあるのは賃借建物の原状回復費用でしょうか・・)を一定の方法で負債計上(仕訳としては「借方 建物/貸方 資産除去債務」とでもなるのでしょうか・・)し、減価償却をするというものです。

で、この改正に伴って税務はどうなるのか? という疑義が出ているようです。

結論としては今のところまだ何も決まってはおりません。

がしかし、大方の予想では「債務確定主義」である税務では「債務未確定」であるこの費用を損金とすることは無いであろうというのが大勢を占めているようです。ただ、一部業界団体では損金とすることを要望する動きもあるようで、検討の余地は残されており、税制改正は要注意ですね。

 

 

 

リース資産の資本的支出

[ 2008年9月24日 17:53 ]

 平成20年4月1日以後締結のリース資産については周知のとおり「リース期間定額法」により償却計算を行うこととなりました。そのリース資産について、資本的支出(価値を増加させたり、使用可能期間の延長になるような支出をいいます)をした場合の償却計算はどうなるのか という問題があります。

① 本体は「リース資産」であっても「資本的支出」部分は減価償却資産として償却する

② 資本的支出部分も「リース資産」とし、本体リース期間で償却する(本体の償却が完了しても資本的支出部分は完了しない)

③ ②同様「リース資産」とするが、償却期間を本体リース期間終了に合わせて償却する(本体の償却完了と資本的支出部分の償却完了時点が一致する)

 というような見方があるようですが、結果的には③で取扱うとのことです。リース期間の終期に多額の資本的支出が行われると資本的支出部分の償却額は大きいものになるということなんですね。

 

 

相続税の改正方向

[ 2008年9月17日 11:06 ]

 現在、日本税理士会連合会と財務省主税局の間で今後の相続税の課税方法について議論がなされています。

 現行では相続税の課税体系は「遺産税体系」と「遺産取得税体系」の両面をもっています。つまり、「遺産全体でどれくらいあるの」という視点と、「あなたは相続でいくらもらったの」という視点の両方を加味した税体系です。

 前者の特徴的部分が相続税の基礎控除で、現行は「5000万円+1000万円×法定相続人数」で計算され、遺産がこの金額以下だどその相続について相続税が課税されません。特にこの部分に税制改正のメスが入ろうとしています。全体像は来年度税制改正大綱で明らかにされるでしょう。


 表題のとおり、遡及支払を受けた残業手当はいつの時点での課税になるか?という問題ですが、国税庁HPにも「質疑応答事例」に見解が紹介されています。

 結論から言うと、「本来の支給日の属する年分の給与所得」とされます。

 したがって、たとえば平成18年に支払いを受けるべき残業手当を平成20年に支払いを受けたとしても、この金額は平成18年分の所得として課税を受けることとなります。

<< 前の10件 
無料相談実施中!お気軽にご相談下さい。
長野市、会計事務所

HOME  |  事務所案内  |  業務内容  |  報酬規定  |  税務関連情報  |  ブログ

お問い合わせ  |  リンク  |  プライバシーポリシー

Copyright (c)2008 Takayuki Watanabe Tax Accountant Office All Rights Reserved.