長野市、税理士、会計事務所、経営計画、起業

長野市、会計事務所
長野市、税理士
長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、会計事務所 長野市、税理士

HOME  >>  お役所

長野市、税理士

■ お役所

[ 2013年7月25日 11:42 ]

 長野県では法人事業税に関して、創業促進税制というのがあり、創業から5年間、法人事業税を減免する制度があります。毎期、この制度の適用を受ける法人は一定の書類を添付して減免を受けるのですが、今回私の方から提出した案件に関して担当官署から「添付書類が不足している」との指摘がありました。

 

 何が不足しているのか尋ねると、同じ県の部署である商工観光課で発した創業認定通知の写しが添付されていない というのです。この法人は昨年もこの減免措置を受けていますし、私が関与する他の法人でもこの減免措置を受けていますが、いまだに創業認定通知の写しを提出したことはありません。

 

 創業認定が国や他の公共団体でなされていて、その認定が減免措置の要件であり、これらの機関が認定している通知の写しを提出せよ ならばまだわかりますが、県の部署で税務課と同じフロアにある商工観光課で発行している認定書類の写しを提出する意味がわかりません。

 

 ただし、減免措置の適用要件として、条例等で通知書の写しの提出義務があるならば提出しなければなりませんが、そのような規定も無いようです。そこで、「なぜ、創業認定通知の写しを提出しなければならないのか?」と尋ねると、帰ってきた答えは「他の申告には添付されているケースがほとんどなので」とのこと。

 

 う~ん、お役所だな~ と思う出来事でした。当然提出していません。

 

 

 

>> 前のページに戻る

長野市、税理士
長野市、会計事務所

HOME  |  事務所案内  |  業務内容  |  報酬規定  |  税務関連情報  |  ブログ

お問い合わせ  |  リンク  |  プライバシーポリシー

Copyright (c)2008 Takayuki Watanabe Tax Accountant Office All Rights Reserved.