長野市、税理士、会計事務所、経営計画、起業

長野市、会計事務所
長野市、税理士
長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、会計事務所 長野市、税理士

HOME  >>  ユーザー目線

長野市、税理士

■ ユーザー目線

[ 2013年4月 3日 14:21 ]

またまた更新を怠っておりまして…

 

新年度はきちんとブログの更新していく所存です(本心は自信なさげ…('_'))

 

今日の新聞に予備校など教育サービス業界の明暗に関する記事がありました。「明」の方はビデオ講義や個別指導に特化している組織で、「暗」の方は集団指導を行っている組織だそうです。

「明」のビデオ講義では、有名講師(”今でしょ”の先生など)の授業を受講生の都合に合わせて受講することができ、個別指導では生徒一人ひとりのレベルや進捗に合わせて受講できることが高い支持を得ているようです。

一方「暗」となってしまった集団指導は従来からの手法で、教室に受講生自ら登校し、決められたカリキュラムを決められた時間に受講するスタイルのようです。

私が税理士試験を受験していた時代は教室受講か資料またはカセットテープの通信教育しかない時代で、教室受講したくても地方にはそんな学校はなく、合格に近づくためには優秀は先生が授業をしている首都圏の学校まで週末通うのが最高の方法で、集団指導があたりまえでしたが、現在では各専門学校ともWEBとかDVDなどを活用し、地方に暮らしていても最高最先端の授業を受けることができるようになりました。時代の進化とともに、供給者側がよりユーザー目線のサービス提供を意識していると思います。

この予備校の業界でも、買い手目線なのか、売り手目線なのか の違いが業績に表れているのではないかと思いますが、この例はすべてのサービス業業界の共通事項ではないでしょうか。我々税理士業界も全く同様です。自戒せねばならないと思います。

 

 

 

 

>> 前のページに戻る

長野市、税理士
長野市、会計事務所

HOME  |  事務所案内  |  業務内容  |  報酬規定  |  税務関連情報  |  ブログ

お問い合わせ  |  リンク  |  プライバシーポリシー

Copyright (c)2008 Takayuki Watanabe Tax Accountant Office All Rights Reserved.