長野市、税理士、会計事務所、経営計画、起業

長野市、会計事務所
長野市、税理士
長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、会計事務所 長野市、税理士

HOME  >>  税務関連情報  >>  相続税の改正方向

長野市、税理士

■ 相続税の改正方向

[ 2008年9月17日 11:06 ]

 現在、日本税理士会連合会と財務省主税局の間で今後の相続税の課税方法について議論がなされています。

 現行では相続税の課税体系は「遺産税体系」と「遺産取得税体系」の両面をもっています。つまり、「遺産全体でどれくらいあるの」という視点と、「あなたは相続でいくらもらったの」という視点の両方を加味した税体系です。

 前者の特徴的部分が相続税の基礎控除で、現行は「5000万円+1000万円×法定相続人数」で計算され、遺産がこの金額以下だどその相続について相続税が課税されません。特にこの部分に税制改正のメスが入ろうとしています。全体像は来年度税制改正大綱で明らかにされるでしょう。

 

>> 前のページに戻る

長野市、税理士
長野市、会計事務所

HOME  |  事務所案内  |  業務内容  |  報酬規定  |  税務関連情報  |  ブログ

お問い合わせ  |  リンク  |  プライバシーポリシー

Copyright (c)2008 Takayuki Watanabe Tax Accountant Office All Rights Reserved.