長野市、税理士、会計事務所、経営計画、起業

長野市、会計事務所
長野市、税理士
長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、会計事務所 長野市、税理士

HOME  >>  アーカイブ  >>  2011年10月アーカイブ

長野市、税理士

【 2011年10月アーカイブ 】

"声は良いよね"

[ 2011年10月31日 16:51 ]

タイトルの言葉、よく私がお客様に言われる言葉です。お褒めの言葉なのですが、気になる「声は」の”は”の部分…

 

そんなときは「声”も”でしょう!」とか、「他は良くないってことですかっ!」とツッコミを入れて自分も楽しんでいますが、最近は逆ツッコミで「そうそう、テレビじゃなくてラジオのアナウンサーならOKだね」と傷口に塩を塗られるケースも…

 

声以外も褒められたい・・・

 

 

ラーメン激戦区

[ 2011年10月19日 13:04 ]

 長野のラーメン…

 

 一昔前までは美味しいと感じる店はほとんどありませんでしたが、最近長野のラーメン店のレベルが格段に上がっていると思いませんか?

 

 東京に住んでいた頃は、長野に帰省してラーメンを食べても「東京じゃ勝負にならないな」と感じる店ばかりでしたが、最近では十分渡り合える店がたくさんあると思います。

 やはり、単純明快ですが、長野のラーメン業界にも競争原理が働きはじめたのでしょう。どんな商売も自由競争を通して自らの技術や価値観を磨き、成長しなくては成功しないですね。中には努力せずに言い訳や責任転嫁ばかりしている店もありますが、このような厳しい競争社会では淘汰されてしまうのでしょう。

 

 


 前回に引き続き、海外で感じたことについてです。

 

 日本では外国人観光者を誘致すべく、様々な活動をしていると聞きますが、海外の共交通機関を利用してみるといかに日本の公共交通機関が外国人に厳しいかを痛感します。

 台北市内を走っているMRT(電車)では、ホーム各所にテレビモニターが設置され、何処行きの電車があと何分後に入線するかがカウントダウン式に表示されており、外国人が見ても容易に非常にわかりやすいです。乗車中も電車が今どの駅とどの駅の間を走っているか、その次の駅がどこかが電光表示されていますから、ガイドブックの路線図と照らし合わせながら見ていれば降りる駅を間違えることはほとんどないでしょう。例えば三才から北長野間を走っていればこんなかんじです。

 三才⇒(電車のアイコンが点滅)⇒北長野⇒長野

 日本では「次の停車駅は…」のアナウンスはあってもその次の駅のアナウンスが無い場合が多く電光表示されていないので、比較すれば明らかに不便だと感じました。

 また、韓国の地下鉄にしても台湾のMRTにしても1組織なので普通に乗換できますが、都内ではメトロと都営があり、混乱する外国人は多いでしょう。先頭車両の行き先を示す表示も「東京」とある表示の下部に小さく「For Tokyo」となっているものがあり、字が小さくて読めません。他国では「東京」と「TOKYO」が入れ替わり表示されているケースが多いです。

 

 最後に、電子マネーを利用すれば割引となっている国が多いのですが、日本では紙キップと同じ料金というのも大きな違いのようです。

 

 先進国日本。技術立国と言われる日本ですが、海外に行ってみると遅れている部分は相当あるとおもいます。驕ることなく、学んでいく姿勢はとても大切ですね。

 



長野市、税理士
長野市、会計事務所

長野市、会計事務所

渡辺隆行税理士事務所
長野県長野市吉田3-16-26
TEL:026-213-6968
FAX:026-213-6978


長野市、税理士

長野市、税理士
長野市、会計事務所

HOME  |  事務所案内  |  業務内容  |  報酬規定  |  税務関連情報  |  ブログ

お問い合わせ  |  リンク  |  プライバシーポリシー

Copyright (c)2008 Takayuki Watanabe Tax Accountant Office All Rights Reserved.