長野市、税理士、会計事務所、経営計画、起業

長野市、会計事務所
長野市、税理士
長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、会計事務所 長野市、税理士

HOME  >>  アーカイブ  >>  2011年1月アーカイブ

長野市、税理士

【 2011年1月アーカイブ 】

ナイスカップル

[ 2011年1月23日 09:34 ]

 昨日、税理士のM先生、そのフィアンセMさんとお食事をさせていただきました。M先生のフィアンセにお逢いするのは今回が初めてです。

 

 もともとM先生は男気があり、義理人情に厚いナイスガイですが(たまに私の根も葉もない?悪い風評を流すのが玉にきず(-_-;))、彼女も美人で明るい性格の持ち主。とっても素敵なカップルだと思いました。

 

 また、彼女は私の母の実家である飯山市の出身であり、さらに幼稚園時代の先生が私の叔母(母の妹)ということもわかり、世の中狭いものだとつくづく感じます…

 

 今年の夏ころに軽井沢で挙式予定とのこと。きっと素敵な式になることでしょう。末永くお幸せに!!

 

 

あけましておめでとうございます

[ 2011年1月 5日 18:08 ]

 新年、あけましておめでとうございます。

 

 皆さまは清々しい気持ちで新年を迎えられましたでしょうか?

 

 私は清々しい気持ちで新年を迎えたものの、初夢が物凄いことになってしまいまして…なぜかEXILEのメンバーに入っていて、勿論踊ることなど出来るはずもなく、メンバーのマキダイさんにひどく怒られるというとてつもない初夢を見てしまいました(-_-;) 恐ろしい恐ろしい

 

 さておき。真面目な話をします。

 

 リスクを回避することばかり考える人ほど逆にリスクを背負うということを再認識すべき時代だと思っております。仕事上でお客様の従業員の方々のお話を聞かせて頂く機会も多いですが、共通して感じるのは「リスクを背負いたくない」という考え方です。言いかえれば「現状のままでいたい」ということです。

 しかし、好むと好まざるとに関わらず、日本の枠を超えグローバルな大転換期にあるなかで「現状を維持したい」というのは自ら「私は成長しません」と言っているようなものです。

 例えば、車のエンジン製作に携わる仕事というのは車のまさしく心臓部を担う仕事でしたが、EV車化が進めばガラッと社会構造は変わってしまいます。「私は今まで通りガソリン車のエンジンを作っていたい」といっても時代がそれを認容してくれません。これからは自動車販売店のみならず家電量販店でも車を売る時代なのですからね。

 本も電子化が究極まで進めば書店は存在できなくなります。新年の挨拶もメール化などが進み、年賀はがきは5日の本日でも郵便局に大量に余っているようです。どんどん時代は変わっているこの世の中で生き残っていくためには「変化が常態」ということを念頭に置くべきでしょう。その一歩として、各人がどのような「リスク」をとっていくのか…これが問われる時代ではないでしょうかね。

 過去、社員にリスクを与えない「素晴らしい組織」があったそうです。17時の終業前にお風呂に入り、17時の時報とともに帰宅する。しかもつぶれない組織…ほんとか嘘かわかりませんが、そういう話をよく聞きます。

 

 そう、国鉄です。しかし、その後の国鉄がどうなったか…JRになって、厳しい環境下で組織全体がリスクを取り変化に挑んでいった成果が生まれ変わった現在のJRですよね。

 

 自らリスクを取り、社会の変化に負けないスピードで成長する

 

 これを新年の冒頭の宣言としたいと思います。

 

 では、今年もよろしくお願いいたします。渡辺

 

 

 



長野市、税理士
長野市、会計事務所

長野市、会計事務所

渡辺隆行税理士事務所
長野県長野市吉田3-16-26
TEL:026-213-6968
FAX:026-213-6978


長野市、税理士

長野市、税理士
長野市、会計事務所

HOME  |  事務所案内  |  業務内容  |  報酬規定  |  税務関連情報  |  ブログ

お問い合わせ  |  リンク  |  プライバシーポリシー

Copyright (c)2008 Takayuki Watanabe Tax Accountant Office All Rights Reserved.