長野市、税理士、会計事務所、経営計画、起業

長野市、会計事務所
長野市、税理士
長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、税理士 長野市、会計事務所 長野市、会計事務所 長野市、税理士

HOME  >>  アーカイブ  >>  2009年12月アーカイブ

長野市、税理士

【 2009年12月アーカイブ 】

YOKOHAMA~年末にあたり~

[ 2009年12月28日 08:40 ]

ベイブリッジ.jpg

今週末は最後の出張?で横浜に参りました。山下公園の目の前のホテルに泊まりましたが、天気も良く、みなとみらいの夜景や明け方のベイブリッジがとてもきれいでした。デートスポットなのでカップルばっかり・・・

親しくさせていただいている同業のT先生とM先生の両彼女が私のHPを見てくださっているようです。特にM先生は私がHPを更新するとその内容を裏事情を交えて格好のネタとして彼女との会話に用いているようです(-_-;)

みなとみらい.jpg

 

 

久しぶりに横浜に来ましたが、中華街はじめ観光スポットが多く、東京からも近くて行きやすい場所です。できるなら年1回は行きたい場所ですね。

 

 

 

このコラムを一年間見ていただいた皆様、ありがとうございました。

仕事を離れて、肩の力を抜いて、あえて主に個人的な趣味のことをHPに乗せてきましたのは、いつもトップギヤでは疲れ切ってしまうと思っているからです。車にはニュートラルがあるように、人生にもニュートラルな時間が必要と思っております。中にはくだらないと思われた方もいらっしゃると思いますが、そのような思いで一年間書いてきました。結構多くの方から「HP見てますよ~」と声をかけていただきました。重ねて御礼申し上げます。

鉱工業生産指数は上がるけれども雇用情勢は一向に良くならない。生産量・販売量は増えても金額ベースでは厳しい円高、デフレ状態が続き、一向に市民の生活は楽にならない。アジアという将来最も有望な世界市場に隣接する国でありながら将来ビジョンが弱く、グローバルな世界競争時代に勝ち残っていけるのか・・・極めて厳しく険しい道のりが待ち受けています。

こんな時代だからこそ、目標を定め、明るく楽しく積極的に。気持ちの持ち方一つで人生は良くも悪くもなる。下を向かず、気持ちの良い新年を迎えましょう。

 

 


表題の通りなのですが、カウンセラーの研修でよく学ぶことです。誰の心の中にも自分を癒したり問題を解決しようとする「インナーカウンセラー」が存在します。ただ悩みが深くなるとその機能が発揮されなくなってしまいがちです。カウンセラーの役割には傾聴することを通して悩んでいる相手のインナーカウンセラーを甦らせるということがあります。

社会の中で、例えば問題を抱えている部下がいて、その問題について上司が部下の話を十分に聞いてあげず、一方的に問題の解決方法について話しまくり、得意げになって「俺はアイツに指導してやった」等と自慢げに話しているシーンを見かけたりします。指導したと思っている上司の方は「さぞかし俺に感謝していることだろう」と思っていたりしますが、一方の部下の捉え方は全く逆。「全く私の話を聞いてくれない思いやりがない上司だ」と思うことも多いです。

反面、部下の話をじっくり聴き、質問しながら本人の考えている解決方法を引き出してあげると、上司はただ聴いてあげただけにもかかわらず、部下は「あの上司に教えていただいた、救っていただいた」と感じることが多分にあるようです。

私も職業柄様々なご相談を承ることがあります。ケースバイケースではありますが、質問を通じて傾聴していくと自然に相手の経営者がこちらからの質問に応えていくことを通じて自分の考えを整理し、問題に対する改善策を固めていくといったことがよくあります。

話すことより聴くことが大切だから人間は口が一つで耳が二つあるといいます。聴くことの力を再認識していきたいものです。

 

二週続けての・・・

[ 2009年12月14日 08:41 ]

先週に引き続き、今週末も東京の税理士業界仲間のA先生がご結婚されまして、結婚式二次会パーティーにお誘い頂きました。奥様も過去の飲み会に来ていただいていたのでご両人とも面識があり、仲間とAM2時まで飲んでました・・・前回のアントニオ猪木酒場での飲み会の時には、「ダー!!」の勢いに乗じて翌日新婚旅行に出発する両人を成田まで行って見送るなどといった案まで出ていましたが(-_-;)さすがにそこまでには至りませんでした。A先生はとても実直な方、奥様はとてもキュートな方で本当に素敵なカップルです。末永くお幸せに。

翌日曜日。NPOメンタルサポートアカデミーの年末講演会があり埼玉県の鴻巣に参りました。昨年修了させていただきましたカウンセラー養成講座のメンバーなど久しぶりにお逢いしました。皆さん積極的に学ぼうとする姿勢があり素晴らしいと感じました。

学んだことも定期的にきちんと復習する機会がないと(というより自分でその機会を設けないと)学んだことがすべて消えてしまいますね。久しぶりに佐藤先生や参加者の皆さんの話をうかがって復習させていただけたと思います。元職場の後輩Mさんもパネリストとして参加していて、はつらつとした発表ぶりに感銘を受けました。

 

 

税理士試験合格発表

[ 2009年12月11日 15:15 ]

本日、官報に税理士試験の合格者が掲載されました。官報待ちの方にとってみればここ数日間は眠れない日々が続いたなんていう緊張感の中今日の日を迎えた方が殆どかも知れません。私が知っている合格者は今回3名おられました。本当におめでとうございますと同時に本当に厳しい受験生生活お疲れ様でした。

その中の一人は長野で同業者仲間として定期的に懇親会をしているメンバーのOさんです。本当に良かった!!おめでとうございます。別の業界から会計事務所業界に入り、仕事を覚えながら試験勉強してついに合格を勝ち得ました。厳しい?T先輩のもと、仕事をこなしながら合格したことには本当に頭が下がります。臨時懇親会を開催したいと思っています!!!

あとの二名は都内で学習中に知り合い、現在ともに大規模事務所に勤務しているSさんとTさんです。Sさんは同じ所得税のクラスにあってとても成績優秀な方で、昨年必ず合格するものと思っていましたが残念な結果に終わり、今年こそ合格してほしいと思っていました。またTさんは同じ所得税クラスで授業開始2時間くらい前には来ていて自習している努力家です。私も相当早い時間に教室入りしていましたが彼女にはかないませんでした。本当におめでとうございました。

今回残念な結果に終わった方も次回合格目指して頑張っていきましょう。

 

懐かしい再会

[ 2009年12月 9日 22:11 ]

今日、某ホテルにランチを食べに行ったところ同じホテル内で某社のフェアが開かれていました。その受付をしている人をふいに見かけたら、今からもう20年以上前にお互い新卒で当時の海野会計事務所に同期で入社したKさんでした。私と同い年ですが彼のほうは全く老けこんでおらず、当時の面影そのままでした。そんなこともあり、全く予定していなかったその某社のフェアを急遽見ることとなり、その後10分位立ち話をしましたがとても懐かしく思い、また彼も元気そうで何よりでした。同期入社という存在はある種特別な感覚がありますね・・・

結婚式

[ 2009年12月 7日 19:43 ]

 

結婚式.jpg新郎新婦.jpg

日曜日、富士宮タックスカレッジ時代の同窓生で現在でも親交があり、同業ゆえ仕事でも色々お世話になっている野坂さんの結婚式に参加させていただきました。新婦はこの結婚式場でコックをやっているとのこと。新婦の職場仲間は披露宴に直接出席はできませんが仕事をしながら祝福するという何とも素敵なものでした。

新郎は強面?ですが、内面は非常に優しく、人あたりもよくて人気者です。私はその風貌?からか、しばらく年下とは思えず、最上級の敬語を使ってました(-_-;)     

かく言う私も同じなんですけどね。釧路の田中さんという富士宮時代の先輩は私のことを年下にもかかわらずすっと年上だと思い込んでいて、年下と分かった瞬間「敬語返せよ!!」と言っていました。

さておき。お二人の末永いお幸せを心から祈っております。  

久しぶりに富士宮時代の同窓生に会ったので、楽しく、たくさん、飲んでしまいました。近くならともかく、千葉の柏でしたので、酔っ払っていて帰るのは少々大変でした・・・

懐かしいメンバーに会えて、非常に楽しいひとときを過ごさせていただきました。

 

           

どうなる 売上計上基準

[ 2009年12月 3日 16:56 ]

国際会計基準が将来強制適用となります。中小零細企業への影響はまだ不勉強でありましてよくわかりませんが、売上計上基準に関して現在さまざまな問題が論じられています。その根底にあるのは「相手に権利等が移転した時点」が売上計上時期である というもののようです。言われてみれば至極当然の話です。

で、実際にどう影響するのか という点ですが、最も影響が大きいのは出荷基準の見直しだと思います。現在では売上計上基準としては主に出荷基準、検収基準、検針日基準等が存在します。出荷基準は出荷元が出荷した時点で売上を計上する基準ですが、この出荷時点では当然まだ相手方に到達していません。先程の根底から考えればまだ相手方が使用収益できる状況にある訳でないものを売上としていいのか?という問題があるようです。確かに搬送中事故で商品が滅失することもありますから正しい考え方ではないか思います。そうなれば相手方の検収をもって売上計上する検収基準か相手方への到着をもって売上計上する相手方到達基準(勝手な命名ですが・・・)となるのではないでしょうか。

もうひとつは工事進行基準です。先般改正され、進行基準の強制適用範囲が拡大されたばかりのこの基準はどうなるのか?

根底から考えれば相手方が使用収益できる状態をもって売上計上する工事完成基準でなければおかしくなります。ついこの前改正したばかりのこの進行基準はいったいどうなってしまうのでしょうか・・・

売上計上基準は税務においてもとても重要な事柄です。中小零細企業にどのように影響してくるのか・・・

今後の行方に注目です。



長野市、税理士
長野市、会計事務所

HOME  |  事務所案内  |  業務内容  |  報酬規定  |  税務関連情報  |  ブログ

お問い合わせ  |  リンク  |  プライバシーポリシー

Copyright (c)2008 Takayuki Watanabe Tax Accountant Office All Rights Reserved.